きねぞう

映画の感想や関連記事を載せていくブログです。

映画評:この娘、変なんです!【エスター】

 

こんにちは。

杵蔵(きねぞう)です。

 

今回の作品はこちらです。

 

 

エスター

製作:2009年/アメリカ

監督:ジャウム・コレット=セラ

出演:イザベル・ファーマン

  :ヴェラ・ファーミガ

  :ピーター・サースガード

  :ジミー・ベネット

  :アリアーナ・エンジニア

rating:85点

 

 

ストーリー

三人目の子供を流産させてしまったコールマン夫妻は、その悲しみを癒すために、孤児院から養子を迎えようとする。そこで出会ったのは、聡明で可憐な少女、エスターであった。エスターを引き取り、幸せな日々を送る彼らであったが、次第に彼女は不審な言動や仕草をするようになり……。

 

レビュー

養子として向かい入れた少女が次第に牙を向き始め、家族を支配していく恐怖を描く、ホラー映画の傑作。

謎の少女・エスターの手によって、コールマン一家の家庭というパーソナリティーゾーンをじくじくと追い詰め、蹂躙していきます。彼女が家族の中の異分子として、少しずつその正体を現し始め、家庭を崩壊させていく過程が、丁寧に描写されていると感心しました。これは前提としてコールマン一家の家族の描写がきちんとしているからこそ、彼らに感情移入ができ、起伏あるドラマを生み出している訳です。エスターの持つカードの豊富さ、そしてそれを展開していくディティールの積み重ねが非常に巧みであると感じました。

主人公の母親は、過去にアルコール中毒だったという経歴の持ち主で、それをエスターに利用されてしまう。主人公に弱点があるからこそ、そこを付け込まれてしまうことで、サスペンスはより強く表現できるし、人間だれしも弱い部分や暗い側面を持っているという普遍的な描写にも繋がっていると思います。家族一人一人が、ただ「怖い目に遭う」だけでなく、それぞれの事情や特性でもって、きちんと映画の中に「生きた人」として機能していると感じました。家庭に入り込み、少しずつ家族を支配していく映画には「ゆりかごを揺らす手」が挙げられますが、本作は子供であるために、成人女性ではなく、よりも厄介とも言えるでしょう。社会的に庇護される対象ゆえに、手が付けられないからです。

それだけでなく、本作が優れているのは、こういったホラー映画にありがちな荒唐無稽さ、リアリティの無さに対し、明確なロジックが存在することろ。なぜ、幼い少女がこのような事をやってのけるのか?という理由がきちんと存在し、しかもそれが恐怖と密接に繋がりがあるという点です。こういう所だけ取り上げても非常にフレッシュ作品でしたね。

ではまた。

 

 

映画評:悲しみの意味を問う【インサイドヘッド】

 

こんにちは。

杵蔵(きねぞう)です。

 

今回の作品はこちら!

 

 

インサイドヘッド

制作:2015年/アメリカ

監督:ピート・ドクター

出演:エイミー・ポーラー

  :フィリス・スミス

  :リチャード・カインド

  :ビル・ヘイダー

  :ルイス・ブラック

rating:85点

 

 

ストーリー

11歳の少女、ライリーの頭の中には、5つの感情が存在していた。ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、そしてカナシミである。彼らはライリーと共に生まれ、成長していく人格を持った感情であり、彼らがライリーの感情を統御していた。感情の筆頭であるヨロコビは、ライリーを幸せにするべく、常に明るく前向きな思考の工作を行い、彼女を泣かせたり落ち込ませたりするカナシミを遠ざけていたが……。

 

レビュー

ピクサーが送る、コンピュータアニメーション3D映画。少女を幸せにしようと、右往左往する感情たちの冒険と成長を描く。

まず人格を持った感情というアイディアが面白いですよね。ライリーがその時感じた感情が、思い出という一つの結晶となり、その連なり、積み重ねが、複雑な思考を構成し、彼女という人間を作っており、彼らはそれを統御しています。特に重要な思い出は、彼女の人格や世界観に大きく影響するのです。

そういったプロセスをCGアニメーションという手法によって、視覚的に説得力を持たせている所も素晴らしい。頭脳の電気信号をまるで遊園地のようなシュチエーションに作り替え、一つ一つが高質なクオリティを持つアトラクションとして完成させています。まさに映画という手法を最大限に活かした出色の出来栄え。

「常にポジティブな姿勢でなければならない」という昨今の風潮に懸念を抱いていた私は、本作の持つ真摯なメッセージに心を打たれたました。感情というのはもちろん、五つだけに分類される訳ではありません。一色では表せないほど、感情は途方もない深さ、豊かさを持っている筈です。そして、記憶は常に取捨選択され、別離や忘却の哀惜を感じさせつつも、それが人生を形取っていく。それらを学んでいくヨロコビ達の成長が、そのままライリーへの成長へと符合するという、物語の語り口があまりにも画期的で美しい。

同じ2015年に制作された『脳内ポイズンベリー』も、似たような設定だというから、世間は狭いですね。とはいえ、こちらは少女漫画が原作のラブコメのようですから、大分映画としての毛色は異なると思います。観比べてみるのも面白いかもしれませんね……。

ではまた。

 

 

映画評:ホラーだと思ったら騙された【マザー!】

 

こんにちは。

杵蔵(きねぞう)です。

 

今回の作品はこちらです。

 

 

マザー!

製作:2017年/アメリカ

監督:ダーレン・アロノフスキー

出演:ジェニファー・ローレンス

  :ハビエル・バルデム

  :エド・ハリス

  :ミシェル・ファイファー

  :クリステン・ウィグ

rating:35点

 

 

ストーリー

郊外で穏やかな暮らしを送っていた夫婦の家に、謎の男がやってくる。不信感を抱く妻をよそに、夫は客人だと家に招き入れてしまう。その日を境に、次々と夫に会いにやってきた訪問者が続出し始めることに。不思議なことに、それでもなお夫は快く家に迎えるのだが……。

 

レビュー

謎の訪問者たちに自分のパーソナルスペースを侵害されていく姿を描く、サイコスリラー。

はじめにこの映画のポスターを観た時はギョッとしました。

油絵のようなタッチで描かれたジェニファー・ローレンスが自分の胸から心臓を差し出しており、その心臓もシンボルチックなものではなくリアルな臓器として血がしたたり、胸にはパックリとその傷跡が生々しく描かれているのです。そのインパクトある表紙と、タイトルの「マザー!」なるシンプルさ、ジェニファー・ローレンスも好きな女優であること、監督が「レスラー」や「ブラックスワン」を手掛けたダーレン・アロノフスキーであることから、

こりゃぁ、面白そうだぞ……!

脳裏に電流が走ったのです。ロイヤルストレートフラッシュが出せる要素が揃っています。

何かの問題があったらしく日本公開が中止になったと聞いたときは落胆しましたが、思いのほかDVDレンタルの開始が早く、喜び勇んですぐさま鑑賞しました。結果としては……。

 

観たかったのと違う。

圧倒的コレジャナイ感。

 

ロイヤルストレートフラッシュ級のカードを揃えながら、ツーペアくらいしか面白味が出せていない。っていうか、監督は面白く作ろうとしている気持ちがあるのか?

突如として家にドカドカ入り込んでくる闖入者。それに対して妻が「やめて!出て行って!」とリアクションするだけの二時間になっています。起きている出来事があまりにも不条理なのでリアリティがなく、恐怖を感じるというよりは、「どうせ幻覚じゃないの?」と考えてしまう。それだけならまだしも、映画はずっと訪問者がしてくる嫌がらせが淡々と続くだけなので、ただイライラするばかり。ハビエル・バルデム演じる夫はヘラヘラしているだけなので、全く頼りになりません。おまえ、『ノーカントリー』であれだけ人を殺しまくってた冷酷な殺人鬼だったろ!ちょっとはその片鱗を見せろ!と問い詰めたくなります。

同じような設定としては『ローズマリーの赤ちゃん』を彷彿とさせますが、似て非なるものだと私は思いますね。『ローズマリーの赤ちゃん』が秀逸なのは、主人公が精神的に追い詰められていく中で、相手の正体が悪魔なのか、それともただの人間で、自分がヒステリーを起こしているだけなのか、判断がつかないギリギリのラインを絶妙にいっているからです。本作にそんなバランスはありません。ただただ、イライラするばかり。かといって『ファニーゲーム』のようなサスペンス性も薄いため、面白味がほとんどない。

映画解説などを調べると、本作は聖書をモチーフにしているとか。なるほど、観終えてみれば納得しない訳ではない。けれど、それが何?いくら芸術的なメッセージ性があったところで、お話としてつまらなければ意味がない。映画にメッセージを込めるのは悪い事じゃないけれど、それは映画の面白さの基礎が出来ているうえで、その上に乗っかるものじゃないの?それなら映画である必要が無い。私が最初に観てビビッときたポスターだけで充分ですよ。

唯一の救いはジェニファー・ローレンスの美しさのみ。彼女が主演じゃなければもっと点数が低かったでしょう。

ではまた。

 

映画評:ちはやふるよ、永遠に。【ちはやふる ー結びー】

 

 

こんにちは。

杵蔵(きねぞう)です。

 

早速観て参りました!

 

 

f:id:wataru1992:20180323212521j:plain

くぅ~、近江神宮行きたくなってきました。

 

 

ちはやふる ー結びー

製作:2018年/日本

監督:小泉徳宏

出演:広瀬すず

  :野村周平

  :真剣佑

  :賀来賢人

  :清原果那

rating:80点

 

 

ストーリー

高校三年の春。千早たちに触発され、再びかるたへの情熱を取り戻した新は、かるた部創設へと奔走する。全国大会で千早たちと戦う事を誓って邁進する新だったが、一方、千早たちは困窮していた。個性的な新入部員に手を焼きながらも予選に進む彼女たちだったが、突如、部長の太一が退部を宣言してしまったのだ……。

 

レビュー

三部作目にして本当の完結編。

 

やっぱり、ちはやふるっていいなぁ、と再確認させてくれた一作でした。

「俺たちいい青春送ったよな~」で終わるのではなく、自分たちが受け取ったものを次の世代に伝える、という継承をきちんと描いてくれたのが嬉しかった。完結編としてあるべき姿の着地であり、きちんと結んでくれた印象ですね。

 

まず序盤、新入部員の勧誘シーンを通じて、今一度、かるたという競技のおさらいをしてくれる所が丁寧で、完結編から見ようとする人(不届き者)にも配慮がなされていますね。

肉まん、かなちゃん、机くんといった、もう活躍の余地が無いと思われたキャラクターもきちんと役割を果たしています。肉まんやかなちゃんが、新入部員を優しく熱く導き、先輩らしい姿を見せてくれるのが嬉しいし、見学にきた下級生を仕切ったり、部活外の同級生に勉強を教える机くんを観て、「三年間でいろいろ成長したんだな……」と謎の感動。

新しく登場した周防名人、準クィーン我妻伊織も、これまでに出てきたキャラクターとはまた毛色が違って面白い。我妻役を演じた清原果耶は、どことなく十代の頃の栗山千明を彷彿とさせる顔立ちで、なかなか良いです。

今回、新入部員としてやってきた、筑波と花野もいいキャラしてますね。彼等の成長もきちんと映画的に描いているのが秀逸です。

プライドが高く周囲と衝突の大きかった筑波であれば、

「おれ、最初は尖って自分一人でかるたやってるつもりだったけど、先輩たちの熱い想いを受け取って、チームの大切さを学びました!」ってな風にセリフで説明するんじゃなくて、

試合出場にしぶる花野を、「俺たちに経験を積ませようとしてくれてるんだ」と、先輩たちの意図を理解した上で諭す場面や、試合中の負の流れを断ち切るために喝を入れて貢献する場面を描くことで、彼の変化というものを映画的に語っています。

男目当てで最初は全くかるたに興味の無かった花野も、

「わたし、最初は部長目当ての軽いつもりで入部したけど、かるたの素晴らしさ、仲間の絆と重みを知ることができました!」ってな風にセリフで説明するんじゃなくて、

最初はオシャレを優先して伸ばしていた爪を、かるたを専念するために切ったり、かなちゃんが詠んだ上の句に対して下の句をそらんじたりと、彼女の成長を直接的な台詞を使わずに描いている訳です。こういう手法って、当たり前といっちゃあ当たり前なんですが、出来てない作品の方が多いくらいなんですよね。

 

個人的に残念なのは、若宮詩暢演じる松岡美憂の出番があまりに少ないこと。今回は狂言回しとての機能しか果たしていないのが勿体ない。彼女が出てくるだけで物語にぐっと面白味が増すのに。

千早、太一、新の三人は相変わらず素晴らしい。今回は特に太一に感情移入してしまいます。彼だけはずっとかるたに対して揺れていた人間であり、だからこそドラマをずっと生み出し続けることが出来たのだと思いますね。そんな彼らが織りなす戦いは、ハイスピードカメラで捉える彼らの流麗なかるたさばき(?)に満ちており、本当に惚れ惚れします。

この映画のシリーズの何が素晴らしいって、旬の若手俳優たちが魅せるアンサンブルと、文字通り「今しか見れない輝き」の魅力が、仲間の絆、青春といった、映画で語ろうとしているテーマと符合していることなのです。

はっきり言ってしまえば、このシリーズよりも優れた作品は幾つもある。この作品よりも衝撃を受けた・感動した作品は沢山あります。けれど、もう一度観たい、またあいつらに会いたい、と思わせてくれる映画って、本当に一握りしかないんですよ。その中でこの「ちはやふる」は数少ないその価値を帯びた、稀有な存在なのです。

このシリーズをすべて劇場で鑑賞し、感動や興奮をリアルタイムで体験することが出来て私は本当に満足でした。

 

ありがとう!

ちはやふるよ、永遠に!

 

そして……

 

小泉監督の次回作にご期待下さい!!

 

ではまた。

 

映画評:綿谷、かるた辞めるってよ。【ちはやる ー下の句ー】

 

こんにちは。

杵蔵(きねぞう)です。

 

今回の作品はこちら。

 

 

ちはやふる ー下の句ー

制作:2016年/日本

監督:小泉徳宏

出演:広瀬すず

  :松岡茉優

  :真剣佑

  :國村隼

  :清水尋也

rating:85点

 

 

ストーリー

念願の全国大会出場を果たした瑞沢高校。しかし、ずっと目指してきた綿谷新の「かるたを辞める」という言葉に動揺した千早は、自分のかるたを見失ってしまう。さらにクィーンと呼ばれる若宮詩暢まで現れ始め、大会は波乱を招く。それぞれの想いが交差する中、果たして千早は、自分のかるた見つけることを、そして新の心を開く事ができるのか……。

 

レビュー

二部作の下編。かるたに青春を費やす彼らの願いやその行く末を描く。

上の句が大変素晴らしい出来だったことで、下の句へのハードルはかなり大きくなってていましたが、下の句も私の期待に大きく応えてくれましたよ。

 

最大の師である祖父を亡くしたことで、失意のどん底に落ちた新。

憧れていた新の「かるたを辞める」という言葉に動揺する千早。

千早に想いを寄せつつも、彼女の迷走に苛立つ太一。

 

この三人の人間模様が見事に交差し、深みのあるドラマを生み出しています。

 

どんなに夢中になっていることでも、やがては自分と向き合わざるを得なくなっていく。劇作家の鴻上尚史氏は、これを自身の著作の中で「メタ思考の時期」と呼んでいます。かるたをするだけで幸せだった千早も、「なんのために、かるたをやっているのだろう?」というメタ思考の時期が訪れます。我を失った彼女は、クィーンの若宮詩暢を打倒することにばかり考えるようになり、仲間たちの絆は綻びかけてしまう。

それを解決するために、先人たちの営みから学ぶという姿勢が、私は好ましく思いました。

伝統文化として続いてきた百人一首のように、高校生活での部活動も、それは先輩たちが築き上げてきた連綿と流れる歴史が基盤となっているのであり、それを千早に伝えるのが、かつて戦った強敵という展開も良く出来ています。先輩から後輩へと代々受け継いでいく。それは、かるた部だけでなく、どの部活にも繋がる普遍的なもの。映画の中盤で、かるた部は吹奏楽部と部活練習がブッキングしてしまいます。しかし成長した千早は、彼らにも同じような想いがあるのだと理解し、練習の場を譲る。それに感動した吹奏楽部は、応援の演奏でもって、千早たちに応えてくれるのです。部活動を題材にした映画において、他の部活動のほとんどが背景や理解の無い他者としてしか描かれないのに対して、この展開には大きく心を打たれました。

かるたの楽しさが広がっていく描写も素晴らしい。かつて新が千早に教えてくれたかるたの楽しさを、千早が机くんやかなちゃんに伝え、彼らの楽しそうにかるたをしている姿を見て、新が心を動かされる、この円環構造は本当にに秀逸ですね。

 

今回、クィーン役を演じた松岡茉優は本当に演技が上手く存在感があります。ポテンシャルなら広瀬すずも相当なモノを湛えていますが、現時点では松岡茉優の方が一枚も二枚も上手といったところ。この二人の共演という所も、本作の大きな魅力につながっています。この二人の対戦シーンは非常に美麗かつ映画的な盛り上がりに満ちていましたね。

 

そしてどこまでも、その描写一つ一つが作品のテーマとも符合している所が、どこまでも計算が行き届いているのだと感心します。

王道の中に新たな感覚を持ち出した、青春映画の名作に違いありません。

ではまた。

 

映画評:【俺物語!!】なんでもやる男、鈴木亮平。

 

こんにちは。

杵蔵(きねぞう)です。

 

今回の作品はこちら。

 

 

 

俺物語!!

製作:2015年/日本

監督:河合勇人

出演:鈴木亮平

  :永野芽郁

  :坂口健太郎

  :森高愛

  :高橋春織

rating:65点

 

 

ストーリー

質実剛健の日本男児・剛田猛男。熱血で硬派な人格者の彼は、男からは好かれても異性にはさっぱりモテない生活を送っており、彼が好きになった女子は、必ず幼馴染のイケメン・砂川誠を好きになるという失恋のジンクスを持っていた。高校に入学したある日、街でナンパされ困っていた大和凛子を助けるが、猛男は凛子に一目ぼれしてしまい……。

 

レビュー

別冊マーガレットで連載されていた人気少女漫画を映画化。不器用だがまっすぐな心意気を持つ猛男の恋愛模様をコミカルに描く。

キャスティングが見事だと思います。原作は未読ですが、出演している俳優たちは、映画で語られるべきキャラクターとして成立していたと思います。

特に、主人公の猛男役を演じた鈴木亮平は凄まじい。誰しもが認める所だと思うのですが、変態仮面やったり、銭形平次やったり、西郷隆盛やったり、彼の役作りは化け物じみていますね。

超絶イケメンの砂川誠を演じた坂口健太郎、ヒロインの大和凛子を演じた永野芽郁の二人も好演していたように感じます。

 

ただ、コメディとして、恋愛ドラマとしては、あまり上手くいっていない。

コメディ映画として面白くするのに、主役が変な顔とかするのは辞めて欲しい。そういう役者の顔芸的な所で笑わせようとするのではなく、主人公の置かれた状況を映像的に面白くしてこそコメディ映画だと思うのです。

例えは冒頭、中学の卒業式の場面。登場した猛男は後輩男子たちに制服のボタンをほとんど持っていかれてしまうのですが、途中で出くわした砂川の制服は女子に全て取られている様子がわかるシーン。二人の対照的な姿を描く所なのですが、ここは、砂川が女子にボタンを取られている様子を最初に見せておき、それを前振りとして、その後で猛男が男からボタンを取られる方が面白いのに。なんだか惜しい。

砂川が女子からモテているという描写も、画一的ですね。大勢の女の子にキャーキャー言わせるだけなんて、悪い意味で漫画的な表現に留まってくれちゃってる。現代らしくもっとリアルに描くか、あるいはもっと荒唐無稽に描くとかまで振り切って欲しいです。

恋愛ドラマとしても、既に前半から二人は両想いであることは明白であり、ただの勘違いやすれ違いによってストーリーが進行していくため、それが分かっている観客からすれば「もどかしい!」という前向きな面白さよりも「早く気づけよ!」というイライラの度合いの方が強くなっていしまう。ですので、後半は割と退屈に感じてしまいましたね。

とはいえ、永野芽郁の暴力めいたヒロイン力や、剛田と砂川のホモソーシャルなじゃれ合いなど、所々に「なるほど」と唸らせる魅力は詰まっていた作品だと思いますね。

個人的には猛男が大和凛子を呼ぶのに「凛子」と呼ぶのではなく「大和」と苗字で呼ぶ所が好きです。好きな異性を苗字で呼ぶキャラってなんか良くないですか?

ではまた。

 

映画評:全てのホラー映画を過去にした【呪怨 オリジナルビデオ版】

 

こんにちは。

杵蔵(きねぞう)です。

 

 

呪怨(オリジナルビデオ版)

制作:2000年/日本

監督:清水崇

出演:柳ユーレイ

  :栗山千明

  :三輪ひとみ

  :小山僚太

  :藤貴子

rating:70点

 

                                         

ストーリー

凄惨な殺人事件の現場となった佐伯家は、足を踏み入れた者を呪い続けていた。呪われた者の怨念は蓄積され、またさらなる犠牲者を生み出す。この呪怨は絶え間なく連鎖を紡ぎながら、なおもその触手を伸ばし続け……。

 

レビュー

オムニバス形式によって、不条理に伝播していく呪いの恐怖を描いた傑作。人気ホラー映画シリーズの開祖であるが、本作は劇場公開がされておらず、東映ビデオより制作された、ビデオシネマです。個人的にはシリーズが続くにつれ恐怖度が薄まっていくため、やはり第一作目の本作が歴代作品でも最高傑作だと感じます。

告白しますが、私は欧米のホラー映画は好んで鑑賞していますが、日本のホラー映画は好きではなかったんです。Jホラーの基礎を確立した「小中理論」によって作られた日本のホラー映画は、何をおいても思わせぶりで、とろくさい。そもそも純粋な恐怖表現と、長編映画は、相反する性質であると思うんですよ。本当の恐怖とは、何かが起きる前に感じる、不吉な予兆の時間、あるいはその後の余韻であって、それを二時間という長時間、ストーリーを描き、起伏を持たせなければならない長編映画とは、食い合わせが悪いんです。

映画として物語を作ろうとすればするほど、純粋な恐怖を持続させるのは難しい。その点、欧米のホラー映画は、脚本が恐怖を盛りみつつ娯楽性も適切に整理され、エンターテイメントとしての潔い提示をしている。だから好感が持てるのですが、日本のホラー映画は、退屈に感じるだけでした。その歴史を変えたのが、本作と言えるでしょう。あまりにも堂々と幽霊が画面に登場するのが特徴であり、一歩間違えばコメディになりかねない所を、絶妙なバランスによって極上の恐怖に仕上げています。オムニバス形式が非常に冴えており、理不尽な恐怖を十分に描写していますね。

また、個人的に好きな所としては、本作、恐ろしいのは必ずしも幽霊だけではないということ。人間の業や執着、狂気といった恐ろしさもきちんと描いており、構造的にもとても優れています。

ホラー映画としての一つの到達点、草分け的存在になったのは間違いない。日本のホラー映画は、本作の以前と以後に分類されて評価しなければならないでしょう。

ではまた。